season's greetings




Thank you very much for everything last year.

I wish you a Happy New Year!!





2011年は、年始にぶっ倒れ、沢山の人にご迷惑とご心配をおかけしました...。
皆様のおかげで体調も順調に良くなり
いくつかの展示会にも参加させて頂き、感謝感謝の一年でした。

個人的にも沢山の経験をし、
世界も大変な時代に突入してきましたが、自分の出来る事を
精一杯やりつつ、家族、友人、知人を大切にして、
2012年をより良い一年にしたいと思います。
来る年の、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。



with all my love


EKKO


Untitled











BETTER NEVER THAN LATE @埼玉近代美術館


12月18日(日)

invade3の管家さんたちと"BETTER NEVER THAN LATE"展を観に行ってきました☆

ミュージシャンやグラフィティライター、写真家、美術家などクロスカルチャーな作品を一堂に見る事ができる、
充実した展覧会でした。

会場も埼玉近代美術館というほのぼのとした美術館に、ボード持った兄ちゃんやバンドマン達が集まっていて
より一層ほのぼの感が増すw

here are some photos.







プレスには載ってないけど、Chimpomさんも参加していた。



右の方が主催者のおひとり、黒緑LESSのジョージさん。
歩いているユリっぺ











------------------

山川冬樹さん、伊東篤宏さん、LEFTY(KillerBong,Jube)、BREAKfASTのライブ
も凄かったです!! 良いもの観ました!!

ていうかこれら全部無料だった!贅沢!





ここ、吹き抜けで気持ちよかったなー。埼玉近美の地下。

drawing 2011


I did drawing.
very small world.

You can check these at invade 3!!
http://www.invade3.com/




MORRAN




graveyard

galería de muerte と共に、ストックホルムのアートフェア
SUPER MARKET 2012に参加します〜☆

楽しみだなあ。

そっち方面の映画とか音楽が気になる今日このごろ。

ロッタちゃんシリーズぐらいしか知らなかったけれど、

他にも沢山面白そうなのがありますね☆

スウェーデン人の半分が観たという映画
テレビはない、お肉も食べられない、クリスマス・プレゼントだってない!(うちと近いものが...) の70年代のヒッピーコミューンのお話とか。

北欧関連図書出版
ビネヴァル出版にいくつか紹介されてました。どれも観たい。


スウェーデンといえば以前ラグナールくんに教えてもらった
Graveyard !!




70年代のバンドじゃあございません。現代のバンドです!かかかかかっこ良よいなあ…!!!
おない歳とかいそうで怖いw

ライブとか観れたりしないかなああああ。とりあえずmyspaceでチェキンしとこう。
http://www.myspace.com/graveyardsongs






Vampire movieeee.......

ヴァンパイア映画は

ボン・ジョビの「ヴァンパイア・黒の十字架」 

ブルース・キャンベルの「サンダウン」
http://movie.walkerplus.com/mv3772/

アニメの「ヴァンパイアハンターD」
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=19

などが面白かったです。

あと改めて「インタビューウィズヴァンパイア」を観たくなりました。
壮大なスケールで完成度高いスね。あの映画は。

余談ですけどインタビュワー役は本当はクリスチャンスレーターじゃなくてリヴァー・フェニックスが演じる予定だったんですよ!悔し涙!


あとはもちろんクラシックヴァンパイアムービーもいいですね〜





あなたはベラ・ルゴシ派?クリストファー・リー派?
うーん難しい!!
どちらも良い!!


Let the Right One In

やっと観た! スウェーデンのヴァンパイア映画 「ぼくのエリ」
どこまでも暗い設定と美しい映像は期待どおりでした☆


逃げろー すたこらさっさー
おじさん、大事なものまるごと忘れてますよー


なんか随所にぷっと笑えるとこがあったのは私だけ...?
現代まで生き延びている子供のヴァンパイアのお話って、ありそうでない感じですね。

スウェーデンのスティーヴン・キングこと、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説を映画化した異色ラブストーリーとの事です。ほほぉ...。

原作ではエリのパートナーのおじさんがヴァンパイア化してエリを襲うとか、中年カップルがもっと重要な設定だったりとかするらしいです。

ヴァンパイアって飛べちゃったり怪力で俊敏で強い反面、昼間はグーグー寝てなきゃいけないとか、許可がないと人の家に入れないとか繊細な設定が魅力です。

"Let the Right One In"

「正しき人を入らしむ」という意味で、これは「ヴァンパイアは招かれない限り、その家には入ることができない」という故事に由来する。...そうです。やはり!!あのシーン面白かったもんな!!

日本版は例のシーンに修正が入っていたりと、いろいろ規制があるようです...。うーん...。





監督の
見せたいところと見せないところが絶妙で感銘を受けました。

設定は80年代前半のスウェーデンで、半分社会主義みたいな

時代背景も良く現れているらしいです。


------------------------------


世界観似てる




Thomas demand



---------------------------------------------------------


詳しくはコチラ



トーマス・アルフレッドソン監督インタビュー
http://blog.movie.nifty.com/blog/2010/07/post-67f4.html

ライムスター宇多丸 映画評
http://www.tbsradio.jp/utamaru/2010/08/_200.html




MONTBLANC WHITE STAR ART CALENDAR 2012




モンブランさんからカレンダーが届きました☆
過去のヤングアーティストパトロネージで選ばれた作品が掲載されています。







3月はアヤオちゃん。甘い感じが、3月っぽい。



わたしは7月です〜 

こんなにアップでトリミングされるとは! ハハハ!




8月は九谷焼の窯元、上出長右衛門窯六代目の上出惠悟くん!! 同級生です!!




しゃしゃけん先輩
おじいさんの万年筆がめぐりめぐってカレンダーに。








--------------------------------------------------------------



いろいろあった2011年
来年もがんばろー☆